2016/7/13のためしてガッテンは「毛細血管の血流をアップさせる方法&食材」がテーマ。毛細血管の血流アップでアンチエイジングができます。ガッテン!では毛細血管の血流をアップする方法を紹介しますので毛細血管の血流アップでアンチエイジング♪




ガッテン!アンチエイジング新常識「毛細血管」

2016/7/13のためしてガッテンは「毛細血管の血流をアップさせる3つの方法&食材大公開!」がテーマでした。

体の99%は毛細血管でできているって驚きですね。健康や若さを保つには毛細血管がいつまでも丈夫で数多くある方が良いのです。今回のガッテン!では毛細血管を保つ秘訣や運動法が紹介されました。




毛細血管の役割

実は若さと健康のカギとなるのは体中に張り巡らされている「毛細血管」だということがわかってきたのです。

毛細血管の役割は、例えば肺では酸素と二酸化炭素を交換している。そのため肺の内部にも毛細血管はびっしりぎっしりと詰まっている。
毛細血管は、体の中で酸素が足りない部分を見つけると、自らを伸ばして新しい血管を作る働きをしている。

しかし、老化によって毛細血管の量は減ることもわかっている。20代に比べて、60代から70代の世代では毛細血管の量は4割も下がっている。

その毛細血管は20代と60~70代の毛細血管の量を比べてみると4割も減ってしまうのです。その影響は肝臓の働きや、脳や心臓にまで影響しますし、しみやシワ・たるみが増えることにも関係しちゃっているのです。

中でも顔の皮膚の毛細血管の量が減り、シミやシワが増えてしまう。その他にも、肺や脳の血管が減り様々な症状が現れる。これは一般に「老化現象」と言われる。




毛細血管が劣化の原因は?

毛細血管は1つ1つの細胞が数珠のようにつながっていて、そのまわりを強化しているのが「壁細胞」と呼ばれるものです。

その壁は、周りの細胞にも酸素や栄養を届けるために適度に透過するようになっています。しかしながらこの壁がはがれてしまうとどんどん漏れてしまって、末端まで酸素や栄養を届けることができなくなってしまいます。

 

その結果、血管がボロボロとなってしますのです。

どうしてこうなってしまうのかというと
・加齢による細胞の劣化
・血糖値やコレステロールが細胞にダメージを与えている
が原因としてあげられます。

その症状は「むくみ」に現れます。
 

さらに臓器の中でこのようなことが起こってしまうと、認知症になりやすくなることもありますので要注意です。

 

どうすれば毛細血管を伸ばすことができるのか?

血管の細胞は血流が生まれるとその流れに沿って細胞同士をより強くくっつけて血液が漏れないようにすしています。そのため、やはり血管には血液の流れ「血流」が必要になってくるのです。

入浴

・温度は40~41度がおすすめ。
・入り方は、自分が一番良いと感じる温度で10分間肩までしっかりつかる。
・汗をかいた分だけ水分補給をする。
*そうすると8%血流がアップしますよ!

ウォーキング

・3分ゆっくり、3分早歩きを交互に。いわゆる「インターバル速歩」を行うと効果的です。
*27%血流がアップ!(新たに毛細血管が作られた分も含まれています。)
*お風呂よりも効果的ですよ。

 

スキップ(かかとの上げ下げ)

スキップを行うことで、第2の心臓と言われるふくらはぎのポンプ作用元気になります。これによって下半身にたまった血流が流れするに血流がアップするのです。!

*「スキップ」はウォーキングよりもっと効果が高くなります。

大人がスキップするのが恥ずかしければ、「その場スキップ」をしても可です。
部屋の中でその場で1度に20回、朝昼晩の3回行うと効果的です。

即効性もありますので是非今からやってみてくださいね!

血管若返りの注目食材!

シナモン

現在食べ物で血管の若返りに効果があるとして注目されているのが「シナモン」です。

実は漢方薬として、すでに医療現場にも取り入れられていて、血流改善に使われているんです。

ケイヒエキスは香辛料のシナモンのことなのです。200種類の食品を調べたけっかケイヒにたどり着いたといわれています。

金沢医科大学総合内科学の、赤澤純代准教授の診療にもシナモンが漢方薬として利用されています。

*ただし、効果があるからと言って食べ過ぎには注意です!少しの量でOKですから。

シナモンパウダーを常備しておいて、シナモントーストや飲み物にプラスして食べるくらいがちょうどいいでしょう!