2017/3/11放送の世界一受けたい授業で、シミやシワ・たるみなどの原因となる毛細血管のゴースト化が取り上げられました。毛細血管を強くすることはシミやシワになりにくくすること。世界一受けたい授業でのシミしわ予防! 毛細血管対策を紹介します。




毛細血管のゴースト化の対策方法

毛細血管ケアで若返りについては、コチラも参考に!
→ ガッテン!冷え症改善 「血管のばし」で血管若返り!(2/8)

世界一受けたい授業では、その毛細血管のゴースト化の対策方法として、

1.運動とウォーキング
2.ハーバード呼吸法
3.食材(シナモン)

の3つが紹介されました。

紫外線が増え始め、色々な肌トラブルも増える季節になってきますので、この3つの方法を取り入れて肌トラブルに悩まされないように過ごしましょう!

ハーバード大学医学部内科客員教授、根来秀行(ねごろひでゆき)先生が色々と指導してくださっていました。

毛細血管と肌トラブル(シミ・シワ・たるみ)

肌の老化、シミやシワ、乾燥などのトラブルの元は紫外線です。紫外線が徐々に強くなり始め、肌荒れやそのケアが気になりだす季節になってきました。

紫外線対策には日焼け止めクリームが非常に有効なので、日陰や冬でも使用することをおススメします。また同時に、毛細血管を強くするようなケアをすることで紫外線に強い肌を作ることができ、シミやシワ、たるみ、乾燥といった肌トラブルの予防改善にもなります。

「主治医が見つかる診療所」では、毛細血管が弱なることで消えてしまって、ゴースト化し、その結果、血液や栄養を体の隅々まで運べなくなり、そして老廃物を排出しにくくなって、シミやシワ・たるみなど荒れ肌の原因となってしまっているということが紹介されていました。




ゴースト血管改善!美肌への毛細血管3ステップ

加齢による老化は避けられない部分はありますが、血管を元気にし、毛細血管を強くするなど、日々ケアしてあげることで健康な状態を保つことができます。

なので、紫外線対策としては日焼け止めクリームをかかさず使用するとともに、
美肌のためには、毛細血管のケアがとても大切ですなんですね。

1.運動とウォーキング

毛細血管を増やすには運動をすることが大切なのですが、激しい運動は、活性酸素がでてしまうのでよくありません。また、特に筋肉の多い下半身を鍛えることが重要となります。

ですからおススメは、5分の筋トレと15分のウォーキングとなります。

★筋トレは、筋肉の多い下半身を鍛えるのが効果的です。

ふくらはぎの筋トレ・かかと運動のやり方

1.椅子の背もたれをつかみ、肩幅に足を開いて立つ
2.両足のかかとを5秒間かけてゆっくりあげ、5秒間かけて下げる
*これを繰り返す

お尻ともも裏の筋トレ・足上げ運動のやり方

1.イスの背もたれを持ち、上半身を45度前に倒す
2.片足を膝を伸ばしたまま後ろに上げ、5秒間キープ
*もう片方の足も交互に行います

2.ハーバード呼吸法

ハーバード式呼吸法は、毛細血管を柔らかくして血流を良くする呼吸法で、やり方は

1.口から息を吐き切きる
(意外と難しいです)
2.4秒間鼻から息を吸う
3.7秒間息を止める
4.8秒間かけ、口から息をゆっくり吐き出す
*これを4回繰り返す

リラックス効果で副交感神経が上がり、血流が改善されます。




2.食材(シナモン)

1日小さじ半分のシナモンが毛細血管を強くし、美肌をキープします。

毛細血管を強くする食材で紹介されたのはスパイスのシナモンです。シナモンに含まれる成分が、毛細血管のゴースト化を防ぐTie2(タイツ―)を活性化させてくれるたもなのです。シナモンは美肌の味方ですね。

1日の摂取量は、、わずか0.6g。

シナモントーストやミルクティーなど、トーストやコーヒーに混ぜるなどちょっとしたプラスαでカンタンに摂取できてしまいますね。

マスコット セイロンシナモンパウダー 25g

3月11日の世界一受けたい授業の番組では、30~50代の女性3人が、2つの筋トレとウォーキング、呼吸法、シナモンを1週間続けえいましたが、

その結果、毛細血管の数が増えて長くなっていました。また毛細血管そのものも、はっきり見えるようになっていました。また、肌の状態もシミが薄くなって改善がはっきりとわかったので、短期間でも効果があることがわかりました。

<毛細血管ケア関連記事はコチラ>

ガッテン!冷え症改善 「血管のばし」で血管若返り!(2/8)

ガッテン!30秒ストレッチで若返り♪ 肌・血管が!(2012/1/25)

ガッテン!アンチエイジング新常識!「毛細血管」(2016/7/13)