2017/3/24その原因Xにありでは老眼がテーマ。50歳以上の8割が悩む老眼。「その原因Xにあり」ではその老眼が「遠近両用レーシック手術」の治療で改善できるというのです。「遠近両用レーシック手術」の費用や病院についても調べました。




老眼とは?

老眼は、水晶体がレンズの働きをしているのですが、その水晶体の動きが年齢重ねると悪くなってしまい、ピントが合う範囲が狭くなってしまうために起こります。

そして、老眼は、近くの視力が下がり、次第に遠くの視力も下がることがあります。

老眼って近くが見えなくなるだけと一般には言われていますが、遠くも見えにくくなるのは辛いですね。

年を重ねると、遅かれ早かれ老眼になるようですが、今は手術で治すこともできるとのことです。

今回の先生は、冨田実アイクリニック銀座院長の冨田実先生で、アメリカでも賞を取っている名医です。その富田先生が行っている老眼手術「遠近両用レーシック手術」を紹介していきます。




遠近両用レーシック手術とは?

「遠近両用レーシック手術」とは、角膜の表面をレーザーで削り、表面の形を変えることで視力を回復する手術のことです。

実はわたしの息子が近眼がいやでこの手術をしていました。この手術をしてからは世界が変わった!って喜んでいました。

使用するのは1秒間に1050発レーザーの治療が可能だという 「アマリス1050RS」という機器です。

「アマリス1050RS」という機器で角膜の表面をレーザーで削り、表面の形を整えることとで遠くも近くも見えるようになるのです。

目の手術なのでかなり怖いような気がしますが、角膜にレーザーを当てるのは6秒で、手術にかかる時間はたったの10分程度なのです。

イメージとしては、まるで遠近両用メガネを目の中に作るようなものだそうです。

さて、老眼で悩んでいる女性がこの遠近両用レーシック手術を受けた結果、たったの30分後には新聞の文字も読めるようになっていました。

ただ、手術の後、目の状態が安定するのひは数週間はかかるようです。




遠近両用レーシック手術の費用は?

この遠近両用レーシック手術は、自由診療になるので保険は使えなくて、保険適用外で実費となりますが、

両目で46万8千円(税別)。

やはり、最新の医療なので保険は効かなくて高めですね。
ただ、とっても目は楽になるようですので、する価値は十分ありそうです。