2017/2/22放送のガッテン!で「デルタパワーで血糖値を下げる秘薬!」として紹介された新薬ベルソムラ、オレキシン受容体拮抗薬の”ベルソムラ錠”って副作用の心配はないのでしょうか?また新薬「ベルソムラ」は市販で気軽に買えるのでしょうか?




糖尿病の患者に新薬「ベルソムラ」で治療した結果?

糖尿病の患者(血糖値の高い人)にデルタパワーを使った治療を大阪市立大学医学部附属病院でししていましたのでガッテン!がおじゃましていました。

ガッテン!に出演していた稲葉雅章医師は、大阪市私立大学医学部付属病院、糖尿病の専門医です。

糖尿病の患者にデルタパワーを出す新薬の「ベルソムラ」という睡眠薬を使っていましたが、17人中一14人が糖尿病が改善しました。

中には血糖値が30下がった人たので驚きでしたね。

もう、この事実がわかっただけでガッテン!はまだまだ番組は続いていましたが実際は、見終わった!ようなものでしたね。

 

このデルタパワーを出す新薬「ベルソムラを72歳の糖尿病を患っている糖尿病の治療の患者さんが、1週間この薬を飲んだその結果・・・

治療前の血糖値が140でしたが
治療後の血糖値は112まで下がっていました。

たったの一週間でこんなに血糖値が下がったのです!スゴイですね。また、この患者は体も軽くなったといっていましたので全体の体の調子もよくなったようですね。

さらにデルタパワーは、609 → 1168 (毎分)
っと約2倍に!もなっていたのでした!




睡眠薬ベルソムラが血糖値を下げる薬だった!

ベルソムラ錠は最近できた睡眠薬で、オレキシン受容体拮抗薬に分類されていまして2014年から発売されていて、一般的には入眠障害、熟眠障害に悩んでいる患者さんに処方されます。

オレキシン受容体拮抗薬の”ベルソムラ”は従来の睡眠薬と違って副作用がほとんどないと、ガッテンの番組内で説明されていました。脳が出す睡眠をコントロールするホルモンだけに効くからなのだと、稲葉雅章医師が説明されていました。

睡眠薬「ベルソムラ」

    ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
画像をクリックすると料金を確認できます!

*副作用の心配は少なくなっているそうですが処方箋薬ですので医師の指示に従ってください。

*副作用として翌日眠気やめまいを感じることもある可能性もありますので車の運転は避けましょう。

※個人輸入でベルソムラ錠は購入できますが自己責任になります。

睡眠薬「ベルソムラ」

  

*睡眠障害は睡眠外来や睡眠科で診療を受けるようにしましょう。

睡眠薬「ベルソムラ」をめぐって医療機関に混乱がおこっている様です。糖尿病や血糖値でこれまで悩まれていた方にとってはすぐにでも処方してもらいたい気持ちになられるでしょうけれど、少ないとはいえ副作用も考えられますので、落ち着いて主治医の指示に従いましょう!




睡眠薬ベルソムラの副作用と飲みあわせ

☆睡眠薬ベルソムラの副作用

ガッテン!では睡眠薬ベルソムラはあまり副作用がないと紹介されていましたが、ネットで調べたところ

頭痛・めまい・傾眠時幻覚がおこることがあります。悪夢をみることもあるようです。

 
☆睡眠薬ベルソムラの飲みあわせ

特にベルソムラと他の睡眠薬を併用することは危険が伴うことがあるようですのので必ず医師に相談しましょう!

 

*薬だけに頼らないようにしましょう!*

正しく自分の血糖値を知り、できるだけ食事や運動、リラックスできる音楽などで熟睡できる毎日を過ごすように心がけましょう!

アルファ/シータ/デルタ波で覚醒するバイノーラルビート+自然音 ~ BINAURAL RELAXATION

⇒ 血糖値測定器

⇒ 目の疲れ 熟睡 アイマスク

⇒ 楽天市場

睡眠薬:ベルソムラに関する追記

2月22日放送のガッテン!で、糖尿病に効果的な治療法として「睡眠」を特集していましたが、その中で紹介された、ある熟睡方法に問題があるのでは? と話題になっています!

そこで、『しらべぇ』のニュースの”NHK「ガッテン!」で糖尿病の治療法「新しい薬」を紹介…医師に聞いてみた”の中で現役内科医の青木マダガスカル先生に聞いていましたので引用しておきます。

青木医師:スボレキサント(商品名:ベルソムラ)は、登場して間もない不眠症治療薬です。従来の睡眠薬とは異なる、より生理的な形の作用機序が注目されています。

睡眠時間が血糖変動に影響するという報告があるので、睡眠の質改善によって、糖尿病によい影響があるのは確からしいといえるかもしれません。

しかし、食生活や運動習慣が最重要であることに変わりはなく、とにかくスボレキサント(ベルソムラ)を飲めばOKとは現時点ではなりにくいでしょう。

また、副作用としてはどんなものがあるのかも合わせて聞いてみた。

青木医師:スボレキサント(ベルソムラ)の副作用としては、悪夢、ねむけ、ふらつき、頭痛などがあります。

糖尿病で苦しんでいる人からすれば、睡眠薬を飲むだけでよくなるなら試してみたい! と思ってしまう気持ちもわかる。

しかし「テレビでやっていたから」というだけで、薬に飛びついてしまうのは考え物だ。

睡眠薬「ベルソムラ」ネットの反応

ためしてガッテンで糖尿病に睡眠薬推奨のやつ。何もしらない患者たちに極論の大げさ放送で洗脳するのは良くないと思うなぁ。あとベルソムラは大した問題のやつ人が飲んだところで確かに害はないけど効きもしないよ。

ベルソムラ自体は悪い薬じゃないと思うけどためしてガッテンのステマ(最早ダイマ?)はアカンよなあ。

ためしてガッテンというNHKの番組がひどすぎる・・・。今日は朝から全国の医師が困惑と苦悩の一日を過ごすことだろう。しかも押し寄せる患者の波はすぐにはおさまらない。ベルソムラで糖尿病治療・・・。

「ためしてガッテン見たから糖尿病治療のためにベルソムラ処方しろ」という要求には応じませんので悪しからず。明らかに適用外です

ためしてガッテンで紹介されていたベルソムラ(成分名スボレキサント)は覚醒を促す神経伝達物質オレキシンの拮抗薬で向精神薬とは全く別の経路に効くんだみ。低頻度で悪夢や金縛りの副作用が報告されているらしいみ。

いつもの眠剤セット+ベルソムラ(血糖値が下がると言うガッテンで噂の)15mgを投入いたしました。

おいベルソムラ希望の患者さんがもう3人も来たぞ。 「昨日ガッテン観たんです」って判を押したように言ってっぞ。 しかもいま通院中の患者さんでベルソムラ出してる患者さんまで「ガッテンで観たんですけど、出してください」って言ってきたよ。なにこれ。

■ガッテン!謝罪関連■

ガッテン!デルタパワーで血糖値を下げる!睡眠薬ベルソムラ!(2/22)

NHKガッテン! 謝罪!睡眠薬ベルソムラを糖尿病治療に使えると誤解与えた」

ガッテン!ベルソムラが話題! 睡眠薬の強さ・安全性・副作用を比較してみた!

ガッテン!謝罪の気持ちある?OBが管理職を実名告発!週刊文春