2015/10/28放送のガッテン!は「長寿ホルモン、アディポネクチン」。ガッテン!長生きの秘訣は「長寿ホルモン、アディポネクチン」だったのです!長生きの秘訣:長生きホルモンは、誰でも体に持っていますが、生活習慣で差が出るのです。




健康長寿のカギ、“長生きホルモン”とは?

100歳の双子、きんさんぎんさん。病理解剖の結果、その健康長寿の秘密は「長生きホルモン」がカギを握っていることがわかったのです。このホルモンを分泌させることで血管や臓器を若く保ち動脈硬化・メタボ・糖尿病などを予防することができると言われています。

100歳以上の高齢者には、このアディポネクチンが多いことが分かっています。だから長寿ホルモン、長生きホルモン、と言われるのですね。

“長生きホルモン”「アディポネクチン」

“長生きホルモン”が少ない人は血管や体の組織が早く老化してしまうのでメタボや糖尿など病気になるリスクが高くなります。

この長生きの秘訣である“長生きホルモン”がといって、血管保護作用があるホルモンです。長生きホルモン「アディポネクチン」は内蔵脂肪の細胞が分泌しているのです。

コーヒーを飲むとこのアディポネクチンの分泌が増えるとかで、コーヒーを1日に3杯飲むと効果があるそうな!

アディポネクチンが少なければ、血管や体の組織は早く老いてしまいますが、多ければ、体を若く保つことができるのです。ガッテン!では「アディポネクチン」を多く分泌させている人のタイプとホルモン増量術を紹介します。

“長生きホルモン”「アディポネクチン」は1995年に、大阪大学や昭和大学の研究者によって発見され、血管の修復、糖尿病の改善、糖質の改善・がんの抑制にも効果が証明されてているホルモンです。

アディポネクチンは血管のメンテナンスをしてくれる成分でもあり、健康的な人であれば自分自身の体にある脂肪細胞から作り出すことができるという優れた長生きホルモンなのです。




長生きホルモン“アディポネクチン”はどんな人が多い?

アディポネクチンは主に内臓脂肪によって分泌されるので痩せすぎていると分泌量が少なく、一方で、太りすぎて内臓脂肪が膨らむことで分泌量が減ってしまうのです。

へそ周りが男性85センチ、女性90センチ以上の方で、特に運動の習慣のない方は特に要注意です!

長生きホルモン“アディポネクチン”を増やす方法

内臓脂肪に効果がある運動をすれば、たとえ太っていても、アディポネクチンの分泌量を増やすことはできます。

効果的に短期間で長生きホルモンである「アディポネクチン」を増やす方法が登場したのです!!

“アディポネクチン”を増やす体操が「壁ネクチン体操」です!

アディポネクチンを増やす体操『壁ネクチン体操』

1:壁に張り付き体操

壁にベタっと3分間体をくっつける
*後頭部、肩、手、尻を浮かさないように お腹に力を集めるように意識してかかと、お尻、背中をピタッと壁にしっかりつけるのがポイント!

 

2:ひねり運動

ひねり運動をします
*足一つ分前へ踏み出し、体を大きく左右にねじりながら、右手で左側、左手で右側の壁をタッチ。
*ウエストをしっかりねじる!大きな声でカウントする!がポイント
30回します。

 

3:羽ばたき運動

羽ばたく動作をします
*壁にくっつき、両手を壁から浮かさずに上下に動かす
3往復します

 

4:壁に張り付いて、1.を3分間

 

5:笑う深呼吸
「わっはっは」などと大声で笑いながら3.の動きをします。
3回します
 

※1日2回行うとより効果的♪
※声を出したり、笑う時は、腹式呼吸になるように意識しましょう。
※食前・食後30分の体操は避けてください。




アディポネクチンを測るには

アディポネクチンの量は、血液検査で測ることができます。
男性の平均値は8.3μg/ml
女性の平均値は12.5μg/ml

アディポネクチンの量が4μg/ml以下になると
心筋梗塞、糖尿病、がん、メタボなどになりやすくなります。
この状態を低アディポネクチン血症と言います。

アディポネクチンの測定に対応している病院があります。近くの病院、かかりつけ医にご相談ください。健康診断や人間ドックのオプションで選べることもあります。
いずれも、健康保険の効かない自費診療になります。通常、3000~5000円程度です。