ガッテン!は「脳を活性化!血糖値ダウン!新発見「骨ホルモン」SP」です。1日1分「かかと落し!」運動をするだけで骨ホルモンを出すことができ、血糖値がダウンします。ガッテン!で骨ホルモンをアップする「かかと落し!」運動が紹介されました。

血糖値をもっと簡単に下げたい方は
コチラ → ガッテン!デルタパワーで血糖値を下げる!睡眠薬ベルソムラ!(2/22)




骨ホルモンとは

2017/2/15のガッテン!は「脳を活性化!血糖値ダウン!新発見「骨ホルモン」SP」です。

最新研究では「骨ホルモン」のおかげで、日1分あることをするだけで、

・血糖値が大きく低下したり、
・ボケ知らずの元気な脳になったり

することがわかってきたのです。

「骨ホルモン」とは、最新研究で分かってきたことから、世界中の研究者が大注目している新物質です。

骨粗鬆症が気になる!健康で美しく!と言う方はコチラもチェック♪
→ ガッテン!骨粗鬆症予防、骨密度アップ運動!

「骨ホルモン」の正体は「オステオカルシン」

「骨ホルモン」の正体は「オステオカルシン(Osteocalcin)」という物質です。オステオカルシンは49個のアミノ酸からなる蛋白質で、ビタミンKが存在する時に骨から作られます。

骨は臓器と関係がある

これまではオステオカルシンは骨を形成するためのホルモンだと思われていましたが、近年、オステオカルシンはインスリンの分泌と関係あることが分かりました。

「骨ホルモン」は、多くの臓器の働きを支えています。すい臓のβ細胞に働きかけて血糖値をダウンさせる物質であるインスリンの分泌を促す他に、脳を活性化してボケを防止したり、肝臓・心臓・腸・腎臓・卵巣・皮膚までを健康にします。

骨と血糖値は強い関係がある

骨粗しょう症になると骨だけではなく実はすい臓にも影響を及ぼしてしまいます。
骨粗しょう症の患者さんが骨密度が上昇すると血糖値も正常になる人がいるということが分かっています。

特に血糖値が気になる方には「骨ホルモン」には嬉しい効果あるのです。「骨ホルモン」には血糖値が下がる効果があるのですね。

血液中の骨ホルモン(オステオカルシン)の量が少ない人は、血糖値が高い傾向にあることが分かりました。その理由はまだよくわかりませんが、『タンパク質の糖化』という現象との関係が大きいと考えられています。

実は、糖はタンパク質と非常に反応しやすい性質を持っており、血液中の糖が多い状態が続くと「糖化」という現象が起こってしまうのです。骨の中にもタンパク質があり、糖化したタンパク質によって骨ホルモンの働きも鈍ってしまうのではないかとされています。

高血糖が骨ホルモンを減らしてしまうという衝撃の事実!これを断ち切るのが『かかと落とし』の運動なのです。

 ★☆★ネットの反応★☆★

骨ホルモンを分泌させると動脈硬化や糖尿病に効果がある?老化防止や若返りも!【ガッテン!】

2017年2月15日放送の「ガッテン!」では、 最新の研究でわかった新物質「骨ホルモン」について 紹介があります。 この「骨ホルモン」を上手に分泌させると脳や臓器の活性に繋がり

指原莉乃が、2月21日0時40分からの「ガッテン! 脳を活性化!血糖値ダウン!新発見“骨ホルモン”SP」にゲストで出るみたい。

ガッテン! 2月15日(水)19:30~20:15 1日1分あることをするだけで、血糖値が大きく低下したり、ボケ知らずの元気な脳になったり!実はこれ、最新研究で分かってきた「骨ホルモン」のおかげ ゲスト 指原莉乃、内山信二、柴田理恵




骨を刺激せよ!

骨を効果的に刺激すると「骨ホルモン」が骨から大量に放出されて全身へ運ばれるようになります。その結果、脳や肝臓、すい臓、腎臓など、様々な臓器を活性化してくれることが分かってきました。

反対に、骨の刺激が少なく骨ホルモン分泌量が少ない人は、糖尿病や動脈硬化などの危険性が高くなりますので要注意です。

高血糖が骨ホルモンを減らしてしまうという衝撃の事実!これを断ち切るのが『かかと落とし』の運動なのです。




1日1分「かかと落とし!」骨ホルモンを放出させるワザ

そこで今回は、骨を効率よく刺激して骨ホルモンを放出させるワザを徹底解説!
1日1分の新習慣で、カラダを丸ごと若返らせよう!

1日1分「かかと落とし!」で骨ホルモンを増やす!

1日1分「かかと落とし!」動作をすることでで骨ホルモンを増やすことができます。

かかと落としのポイント

かかと落としは、骨に体重と動きによる加速度をかけた負荷を加え、体全体の骨に効率よく刺激を加えることが目的です。

 ★☆★かかと落とし!★☆★

1) 姿勢をよくして、両方のかかとを大きく真上に伸び上がります。

*かかとから頭までが一直線になって動くことで、骨全体に負荷をかけることができます。
*頭の上から見えない糸でつり下げられているイメージで

2) ストンと一気にかかとを落とします。

3) かかとからの衝撃を感じながら10回繰り返します。

*空いた時間にちょこちょこと行い、1日の合計が30回以上を目指しましょう。毎日継続することが大切です。

*痛みがあれば中止しましょう。

※血糖値が高めの人にオススメ

血糖値が高めの人はすでに骨ホルモンが少なくなっている可能性がありますので、運動とともに「かかと落とし」のような骨への刺激がオススメです。

※注意! 膝など関節に疾患がある方、すでに骨粗しょう症の診断を受けている人は ご自身の主治医の先生にご相談下さい。

特に普段あまり運動が出来ない方がこの運動をするとかなり高い効果が期待できそうです。

こんなカンタンな動作で「骨ホルモン」が大量に分泌されて血糖値を下がったりボケ防止になるのなら、やらない手はないですね。

2017/2/1ためしてガッテン!キャスト

【司会】立川志の輔,小野文惠

【ゲスト】指原莉乃、柴田理恵、内山信二

専門家ゲストに『骨は若返る!』の著者、太田博明先生が出演!